話し上手になるためにはどうしたらいいのか

1:複数の話ネタを用意しておく
時事ニュース、スポーツ、ファッション、健康、食など、さまざまなネタを収集しておきましょう。
定番の情報だけではなく、新しい情報も得るようにしてください。
そのためには、自分の趣味以外の分野にもアンテナを張っておく必要があります。
また、すべてを覚えるのは大変なので、ノートやスマートフォンにキーワードを記録しておくといいでしょう。
何を言うべきかが分かっていれば、話すネタで悩むことはありません。
どんな場面でも、準備が成功の鍵です。
2:分かりやすいストーリーを用意する
良いストーリーがあれば、自分のことを話すだけでなく、相手に聞くこともできます。
たくさん話せない人は、聞き上手になるようにしましょう。
すべての人がたくさん話せるわけではないので、相手が安心できるような質問をするようにしましょう。
3:相手との距離感を意識しましょう
話すのが得意な人は、「こういう質問はしないほうがいいですよ」など、相手のプライバシーを尊重します。
相手の収入や年齢、体重などの体調、恋愛事情など、ある程度相手のことを知らないと聞きづらいこともあるでしょう。
もちろん、相手がそれを持ち出せば問題はありませんが、むやみに込み入ったことを聞くのは避けるようにしてください。
これができないと、空気が読めない人という烙印を押されてしまうかもしれません。