【MLB】ヤンキース・ジャッジが43号2ラン ここ5戦で5発目、驚異の量産態勢66発ペース!?

2点リードの2回にアーロン・ジャッジがレフトスタンドに豪快な43号2ランを放った。
43号2ランを放ったヤンキースのアーロン・ジャッジ(写真:ロイター)。
ヤンキース-マリナーズ(日本・ニューヨーク)
 ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が1日、本拠地マリナーズ戦の2回に2ランを放ち、ヤンキースは2-0とリードを広げ、7月28日のロイヤルズ戦から驚異の5連勝ペースとなった。
ジャッジの43号2ランの動画。
 エンゼルスのMVPで大谷翔平選手のライバルと言われている大谷翔平選手が、また打ちました。先発の2番・右翼で出場した2回に2番打者として出場。初球のカットボールを打つと、左翼席に飛び込む2試合ぶりの本塁打となる43号2ランを豪快に放った。
 開幕から本塁打を量産し、本塁打王争いを10本以上の差でリードするジャッジは、7月28日(同29日)のロイヤルズ戦から3試合連続で4本塁打、8月31日(同1日)にイニングを空けて、2試合ぶりの本塁打を打った。これでここ5試合は5本塁打となり、好調を維持している。今季は104試合目で43本塁打を記録。今シーズンは66本塁打のペースである。